FC2ブログ

2014'09.14 (Sun)

えすえふ考

SFで一番最初に読んだのがなんだったのか。
取り合えず海外物だけ。


たぶん、小学生の時に図書室で読んだ
「火星のプリンセス」(おぼろげな記憶)だと思う。

内容もよく覚えてないんだけど
おそらく有名SF作品を子供向けに書き直した物ではないかと。


当事、「岩波少年文庫」をこよなく愛していたあたしは
誕生日もクリスマスも全て本を貰っていた。
ちなみに漫画デビューは五年生くらい。

その他に色々な「なんとかの秘密」系の本が好きで
その中に「体の秘密」的な人体解説本があった。

巻頭にマンガがあってそれがなんと
「ミクロの決死圏」!
原作あるなんて知らなくて、すごい話だなぁと思ってた。
後に映画も観た、白黒の。




その辺がSFとの出会いでしたね。

結構雑多に読んでますが
あまりメジャーな物はないかもしれない。

凄くお気に入りが
アン・マキャフリーの「クリスタルシンガー」

タイトルに惹かれて読んだんですが
主人公のキラシャンドラが嫌なやつでw
自尊心高い、タカビー、ビッチ…
でも逆にそれが人間臭くて。

歌ってチューニングするクリスタル切り出し用のカッターで
共鳴するクリスタルを切り、時にそのクリスタルに囚われ。

高価なクリスタルを切ってお金を得ても
その星の共生生物が血中に溶け込んでるので
長くは惑星から離れていられない。

そんな「クリスタル歌い」を生業とする
キラシャンドラの生きざまのお話です。


あとは「占星師アフサンの遠見鏡」
作者は…忘れた(^_^;)

アフサンって恐竜なんですよ、二足歩行の。
尻尾があるから空が見られない!
仰向けに寝られなくって、それでも星空が見たくて。
色々と試行錯誤します。



最後にレイモンドEフィーストの
「リフトウォーサーガシリーズ」

全部で 5、6作品ありますが
文庫が出直しになったときに
上下巻が三冊に分冊しちゃったり
表紙の絵が変わったりでちょっと残念でした。

これの外伝的な「帝国の娘」が一番好きです。

修道院に入る儀式を中断され
無理矢理嫁がされた先で
横暴で粗野で愚鈍な夫を亡くし
名家の女主人として家を復興させるマーラ。

息子のアヤキの為に「帝国のゲーム」と呼ばれる
家同士の権力争いに参戦し力をつけていく。

この世界の設定が、日本的な物もあったりで
とても好きなんです。

知性のある巨大な「ありんこ」チョージャのお姫様が
とても可愛らしくて♪
初めて会った時に「可愛い」っていってくれたから
マーラに協力してくれるって…
乙女で可愛い。ありんこだけど(^_^;)



ますみさまがコメってたレンズマンも
映画化の際に読んでるし、
そのパロディの「遠近両用レンズマン」(栗本薫著)も
読んでたりする。

ペリーローダンはねぇ…手を出さなかった…長いんだもん。

映画化された物だと「エンダーのゲーム」とか。

児童文学に入っちゃうかな、の「ゲド戦記」とか
「指輪物語」なんぞも押さえてます。


どうしても読めなかったのがアシモフの
「ファウンデーション」のシリーズ。
どうにも進まないで三巻位でいつも挫折。
「我はロボット」とか「鋼鉄都市」なんかは
最後まで読めたんだけどなぁ…
旦那ちゃんに読め!と強要されてます。


やっぱり古いものばかり。
最近のものは全然読んでませんね。


絶版の物が多いです。
興味を持たれた方は
図書館でお探しください。

アシモフとフィーストは大丈夫だけど
「帝国の娘」のみ他のかたと共著なので
たぶん絶版です。







スポンサーサイト



13:45  |  昭和博物館  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top

2014'09.11 (Thu)

ラノベ考

連日残業で死んでるAzです。
当初のバブルは弾けて、
たぶんピークは過ぎたと思われますが
年内は今までの倍の売り上げ確保のため
バタバタすると思います。

だからって、放置するにも程があるっ!


これ書いたらリコメしよう…


あ、本題ね。

とある作家さんと「ラノベ」の話をしましてね。
ふと自分の読書歴を考えた訳なんですよ。


まだ「ラノベ」という名前が出来る前です、当然。
集英社の「Cobalt」の前身、「小説ジュニア」が
たぶんそれに当たると思いますが。

当事、「ちょっとエッチな話」系の小説が
これのメインでしたね。
中学生には刺激の強いお話でした(^_^;)

Cobaltになるともっとライトで可愛いのとか
SFがメインになって行きました。
新井素子さん、氷室冴子さん、久美沙織さん…
あとは藤本ひとみさん、火浦功さん。
あと誰読んだかな…
ああっ!名前が思い出せないっ!
あとで調べてみよう。

と、調べた。

マイナーですが大和真也さん。
異世界物「ジュゼッペシリーズ」好きでした。
あとは波多野鷹さん。
今は久美沙織さんの旦那さん(めっちゃ年下)で
軽井沢で鷹匠やってます。
あとねー、岬兄吾さん。
大原まり子さんの旦那様。



そんで朝日ソノラマに手を出して
菊地秀行さん、夢枕獏さんあたり。
バンパイアハンターDとか闇狩り師好き~
現役ですねー。



ハヤカワだと栗本薫さん(合掌)、大原まり子さん。
大原さん、また書いて欲しいな…



で、講談社ティーンズハート。
花井愛子さん。
この人すごいですよ。
ペンネーム3つを駆使して
毎月書き下ろし新刊出してましたから。
多いと3つとも新刊有った…


あとは大陸書房…だったかな。
麻城ゆうさん。角川でもスニーカーで書いてました。
月光界シリーズとか特捜司法官S-A。はウイングスか。
反風水師とか鬼の奴…なんだっけ…えーと…忘れた。



そのカドカワスニーカー文庫
深沢美潮さん。
フォーチュンクエストはもう20年も前のものだけど
今年ちびすけが読破しました。


あー、ずいぶんと読んでるわ、二十歳過ぎても(^_^;)

こうして並べると本当に
今でいう「厨二」だわね。

いや、普通の本も読んだのよっ!
稲垣足穂とか…←普通じゃないってば


今度はSFの話、しよっと♪
はて…需要はあるのか?
食いつくのはますみさん?それとも志緒さん?w


P.S.
という感じよ~でりさん♪







23:51  |  戯れ言  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |