FC2ブログ

2014'09.14 (Sun)

えすえふ考

SFで一番最初に読んだのがなんだったのか。
取り合えず海外物だけ。


たぶん、小学生の時に図書室で読んだ
「火星のプリンセス」(おぼろげな記憶)だと思う。

内容もよく覚えてないんだけど
おそらく有名SF作品を子供向けに書き直した物ではないかと。


当事、「岩波少年文庫」をこよなく愛していたあたしは
誕生日もクリスマスも全て本を貰っていた。
ちなみに漫画デビューは五年生くらい。

その他に色々な「なんとかの秘密」系の本が好きで
その中に「体の秘密」的な人体解説本があった。

巻頭にマンガがあってそれがなんと
「ミクロの決死圏」!
原作あるなんて知らなくて、すごい話だなぁと思ってた。
後に映画も観た、白黒の。




その辺がSFとの出会いでしたね。

結構雑多に読んでますが
あまりメジャーな物はないかもしれない。

凄くお気に入りが
アン・マキャフリーの「クリスタルシンガー」

タイトルに惹かれて読んだんですが
主人公のキラシャンドラが嫌なやつでw
自尊心高い、タカビー、ビッチ…
でも逆にそれが人間臭くて。

歌ってチューニングするクリスタル切り出し用のカッターで
共鳴するクリスタルを切り、時にそのクリスタルに囚われ。

高価なクリスタルを切ってお金を得ても
その星の共生生物が血中に溶け込んでるので
長くは惑星から離れていられない。

そんな「クリスタル歌い」を生業とする
キラシャンドラの生きざまのお話です。


あとは「占星師アフサンの遠見鏡」
作者は…忘れた(^_^;)

アフサンって恐竜なんですよ、二足歩行の。
尻尾があるから空が見られない!
仰向けに寝られなくって、それでも星空が見たくて。
色々と試行錯誤します。



最後にレイモンドEフィーストの
「リフトウォーサーガシリーズ」

全部で 5、6作品ありますが
文庫が出直しになったときに
上下巻が三冊に分冊しちゃったり
表紙の絵が変わったりでちょっと残念でした。

これの外伝的な「帝国の娘」が一番好きです。

修道院に入る儀式を中断され
無理矢理嫁がされた先で
横暴で粗野で愚鈍な夫を亡くし
名家の女主人として家を復興させるマーラ。

息子のアヤキの為に「帝国のゲーム」と呼ばれる
家同士の権力争いに参戦し力をつけていく。

この世界の設定が、日本的な物もあったりで
とても好きなんです。

知性のある巨大な「ありんこ」チョージャのお姫様が
とても可愛らしくて♪
初めて会った時に「可愛い」っていってくれたから
マーラに協力してくれるって…
乙女で可愛い。ありんこだけど(^_^;)



ますみさまがコメってたレンズマンも
映画化の際に読んでるし、
そのパロディの「遠近両用レンズマン」(栗本薫著)も
読んでたりする。

ペリーローダンはねぇ…手を出さなかった…長いんだもん。

映画化された物だと「エンダーのゲーム」とか。

児童文学に入っちゃうかな、の「ゲド戦記」とか
「指輪物語」なんぞも押さえてます。


どうしても読めなかったのがアシモフの
「ファウンデーション」のシリーズ。
どうにも進まないで三巻位でいつも挫折。
「我はロボット」とか「鋼鉄都市」なんかは
最後まで読めたんだけどなぁ…
旦那ちゃんに読め!と強要されてます。


やっぱり古いものばかり。
最近のものは全然読んでませんね。


絶版の物が多いです。
興味を持たれた方は
図書館でお探しください。

アシモフとフィーストは大丈夫だけど
「帝国の娘」のみ他のかたと共著なので
たぶん絶版です。







スポンサーサイト



13:45  |  昭和博物館  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'12.08 (Sun)

時経りしもの

博物館のお話をちょっと。

博物館がとても好きです。
と、同時にとても怖いんですけど(笑)

特に古いものが好きです。
埴輪や土器の時代の矢尻や石斧なども好きです。
昔に人が作ったものが好きみたいです。

その当時、それらの道具を作った人は
何千年もあとの時代に自分の道具が展示されるなんて
当然考えていなかったはずです

その時の生活のため作られたもの。
祭祀や装飾に使われたもの。

それが時を越えて目の前にある不思議。

近くに栃木県立博物館があるので時々行きます。
県内に古墳がわりとあるのでその副葬品なんかもあります。

県外で好きなのは東京上野の科学博物館!
ここで、好きなのに入れないエリアがあります。
「時計」の展示エリアです。

江戸時代の日時計や水時計、からくり時計等が展示されています。

時計は嫌いじゃないんですが何故かここは怖い…。
「時を刻む」というのが「人の生活を支配してる」と感じるのか
前後を展示で挟んだ通路は通れません。

他にも信仰の対象物とか目印に使われたものは苦手です。
長い間の人々の思いが染み付いているように感じるのです。

もしかしたら見えないだけで「もっけ」が憑いてるのかな?


にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
11:16  |  昭和博物館  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'10.19 (Sat)

オレンジ色の画面

初めていじったパソコンというのがですね
コピー機やカメラでお馴染みのRICOHのマイツールってやつでした。

超絶にマイナーです(笑)

実家の家業に使うのにリースしてたので
「あったから使う」って程度。

記録媒体は5インチフロッピーでした。
紙の袋に円盤が入っているという前世紀の遺物です。

これでbasicを少々かじった…というか味見した(笑)


これの後、平成に入った頃にパソコン通信を始めました。
それもワープロで。
で、チャットにはまった訳なんですが
行きつけの所が←飲み屋じゃあるまいし(^_^;)
チャットルームが1個しかなくて
そこに10人ほどがひしめき合うカオスなとこでした。

いろんな友達出来ましたが、その中に富○通の社員の方がいまして
「パソコン欲しいよ~」といつも騒いでいたら
倉庫に眠ってるのを下さいました!ラッキー

更に他の方からお古のモデムも頂いて
めでたく「パソコンで通信」デビュー出来たのです。

その時頂いたパソコンというのが
FM-R50 LTというラップトップパソコンでした。
ノートパソコンが出る前の持ち歩き用のパソコンです。

ちなみにこんなんです。



で、これの画面がプラズマディスプレイという
オレンジ色の画面なんです。



オレンジ色だけの画面で16階調…だったかな。
目がチカチカしそうですが意外とそうでもなかった。

で、今のあたしの愛機SH-06D NERV
要するにエヴァンゲリオン スマホ

こいつの基本画面がこれ



…おんなじやん…(-_-;)

どうもオレンジチカチカに縁があるようです。


にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
21:52  |  昭和博物館  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'10.07 (Mon)

かなり古い記憶のロバくん

おはようこどもショーって
誰か覚えてます?

この曲しか記憶にないんだけど
ロバくんのうた

愛川欽也?が出てたような…

あと、レッドマンって特撮があったような…

←調べろよ(笑)

ロンパールームに匹敵するくらい古い記憶。
もしかしたら最古に近いかも。

ロンパールームはちゃんと覚えてる。
ニコチャン風船持ってたもん(笑)
にーこーちゃーんー こんにちわー♪
ごきーげーんー いかーがですー♪
あなーたをぶーんと とばします♪
おそーらーに とんでーゆーけー♪

って、誰も覚えてる人がいなかったら淋しいな…

ギャロップとかでかいバンバンボール←名前は忘れた
とか欲しかったな。
みどり先生に名前呼んで欲しかったし。

妹の名前は出たのにあたしは出たことなかったなぁ。

あと、こども番組って言うとピンポンパンかな。

おもちゃへ行こう!












にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
20:07  |  昭和博物館  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'09.20 (Fri)

音響カプラって知ってますか?



こんなの。
受話器にくくりつける。
で、何をするかというと音声を電気信号に変える。
モデムが普及する前はこれで通信してたそうです。
通信スピードは300bps。
画面に一文字づつ出てくるかんじです。

さすがにこれは使ったことありませんが
私が最初にパソコン通信始めたときのモデムが
1200bpsでした。
これだと一行づつ出てくる感じで
画面に現れるスピードで文字を読んでく状態でした。

次に使ったモデムが2400bps、単純に2倍の通信速度になりました。
これが感動ものでね。
「読むのが追い付かない!」と喜ぶ(笑)

今はモデム使わないのね…
アナログ信号をデジタルに変えるものだから。
売ってるものも56kとか…

そりゃこんだけ大きなデータを行き来させるんだから。
昔の通信機器じゃ追い付かないね。

ワープロでパソ通してた頃が懐かしい。
一晩中チャットしてて電話代が6桁になったときは
さすがに青くなりました。
↑相手のホストコンピューターに「電話をかける」んです。
だからその時間分通話料が発生するのです。

さすがにスマホでチャットはしませんよ(^_^;)

でもTwitterはちょっとやってみたくなった今日この頃。
読みッターから始めてみます。



にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
15:34  |  昭和博物館  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'09.01 (Sun)

給食、みんなで同じものを食べる

ストーブでパンを焼く、から給食を思い出したので
連鎖で行きたいと思います。

わたしは牛乳が苦手でした。
また、野菜のほとんどがたべられないという
超偏食児童でした。

4年生の時、厳しい先生で給食の残しが厳禁になりました。
無理に牛乳を飲み…リバースしちまいました(-_-;)
それ以来先生もあまりうるさく言わなくなりました。

好きだったメニューは一番がソフトめん!
でもこれ、地域で扱いが違うようです。
私のところはスパゲティ扱いでミートやカレーソースをかけました。
旦那ちゃんのとこは北関東ですがウドン扱いで汁に入れたと。

娘に聞くと今はスパゲティ扱いのようです。

あとはあまり良い評判を聞かないですが
カレースープも好きでした。
でもカレースープで風と木の歌を思い出します。

確か最初のシーンで温室?でキスしてて
「カレースープ味のキスなんて…」うんぬん言ってたような。

家で再現できるものとしてはチーズ揚げとちくわの磯辺あげ。


地方色溢れるコメントお待ちしております。

にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
13:06  |  昭和博物館  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.31 (Sat)

石炭ストーブの思い出

先日、ふと「昭和な物」も懐かしいなと思いました。
というのはうちの子供たちレコードもカセットテープも
知らないんだなと。
上の子でかろうじてMDとビデオカセット、
下の子はCDとDVDの円盤コンビ以降しか知らないです。

記憶にある懐かしい物、今はなかなか見られないもの。
そんなものを少し書いてみます。


あれは小学二年生の頃、ストーブはまだ石炭でした。
しかし二年生には重たい石炭入れを運ぶことができません。
いっぱいにして持ってくるのは高学年のお兄さんお姉さんでした。

あの石炭いれに妙な憧れを抱いた少女の頃の私は
「大きくなったら石炭入れを運べる!」と思っていました。

翌年、新校舎が建ち私達は校舎を引っ越しました。
そしてその冬…四年生までがはいった新校舎のストーブは
石炭ではありませんでした。

でもまだ5、6年がいる旧校舎は石炭ストーブのままでした。
三年、四年と我慢すれば石炭が運べる!

…運命は私に意地悪をし続けました。
私が5年に上がった年の冬にすべての教室から
石炭ストーブが消えました。

何故、私がそんなに石炭運びに執着したのか。
もう私自身も覚えていないです。
黒い石がゴロゴロしてるのを見ても
別に運びたいとは思いませんし。
でもきっと子供心にはなんだか素敵なものに見えたんでしょうね。

書き上げてみたらこの文章
じぶんちの記事じゃないみたいです(笑)


にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
06:45  |  昭和博物館  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |