FC2ブログ

2013'09.18 (Wed)

片想いのラブレター 人魚の森

高橋留美子さんの人魚の森です。

うる☆は漫画より先にアニメを見ちゃったので
アニメの方思い入れがありますが
人魚は漫画の方がずっと先でした。

不老不死になる人魚の肉を食べて
死ぬ者、ナリソコナイになる者。
不老不死になっても 一部がナリソコナイになる者。

不老不死になったまま500年を生きる湧太は
死ぬ方法を求めて旅をする。

終わりのない命ってどんなんだろう。

自分の命ならいつでもなくなっていいけど
子供の事を考えたら
せめて一人立ちするまで生きていなくちゃと思う。

でもそれが永遠だとしたら…
子供が、孫が、自分を追い越して死んでいく恐怖。
…死にたくなるだろうな。

中の話で孫が死んでしまって反魂術で生き返らせるおじいさんがいる。
これはすごくわかる。
大事な人が死んだ事を認めたなくない、認められない。
生き返ってほしい。
その気持ちよくわかる。

でもそれはほんとの「生」じゃない。

わかるけど…わかっちゃいけない気がする。

読んでない方、おすすめです。


でね、タイトルなんだけど
内容にはぜーんぜん関係ないの。

私信 コメ出来ないからここで手を挙げます。
読んでくれてるといいのにな…


にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



13:42  |  昭和マンガ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.25 (Sun)

Viva America! エイリアン通り

ハワイはありますが、アメリカ本土に行ったことがありません。
当時たぶん高校生。
アメリカの大学ってこんなカッコいい男の子がいるんだ!
なんて淡い憧れを抱いていました。

シャール・イダニス・モルラロール

まぢで惚れてました。
女装癖も含めて(爆)

ふざけてる仮面は淋しさの裏返し。
家族ごっこが誰よりも必要だったのはシャール自身。
離れても離れない絆を手にいれて
シャールはどこにでも行けるようになった。
帰る場所、みんないる場所
信じられるから出ていける。

好きすぎて一番好きなシーンが決められないくらい。

あ、翼のオレンジケーキ食べたいな

にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
22:41  |  昭和マンガ  |  TB(0)  |  CM(19)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.23 (Fri)

東京タワーを忘れない。僕の地球を守って

略して「僕たま」です。
娘が続編の「僕を包む月の光」を勝手に読んでて
「こっち 先に読まなきゃダメ」と言うわけで思い出しました。
←ヲタ培養中(笑)

月基地で一人残された紫苑が切なくて切なくて
その記憶に振り回される輪が可哀想で

子供ばかりの話に絶妙に大人が絡んで力を貸してる。
田村さんも輪かくまってた先生もいいヤツだ!

キチェスの長老さまも好き(笑)


んー?花ゆめに偏ってるな(^_^;)



にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
12:37  |  昭和マンガ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.21 (Wed)

和田先生が出たのでピグマリオ

ピグマリオ好きー
あ、出来た!
↑ここの上にあるパレット?の使い方がわからんかったの。
そか 、こやって使うんだな。1つ進歩した(笑)

なにせ昭和ネットワーカー、色だの動きだのがない時代でしたから。

本題に戻ろう。
和田ファンタジーの傑作「ピグマリオ」
精霊と人間の間に生まれた皇子クルトが旅する話。
メインの話もいいんだけど、小エピソードがいいのよぉ。
3人のおばばのくだりとか
オリエのお母さんの話とか。

敵にも色々あって、アスナスぅぅ(;_;)
ちょっと亨に似てる(笑)

詳しくはwikiって下さい(爆)

金髪の怪力の男の子がひた走る漫画です。
走り続けます。

クルトみたいな息子が欲しいな…
12:25  |  昭和マンガ  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.19 (Mon)

髪油の記憶 でも作品がわからん

ますみさまがかれている小説の中に「髪油」が出てきます。

あたしの小さい頃に読んだ漫画にも出てきたんです。

「髪から甘い匂いがする」
「母さんに髪油をつけてもらったの。この香り嫌い?」
「いや…好きだ!」

祭の夜に踊り手として出る少女と幼馴染みの少年との会話。
最後の「好きだ!」が香りではなく女の子に言ってるのが
相手にはちゃんと伝わってなくて(笑)

ただねー
これなんて作品だかわからないのよ。
たぶん…和田慎二?
短編なんでどこに収録かもわからん。

どなたか知らない?手掛かりこんだけ(笑)


にほんブログ村 その他⽇記ブログ その他アラフォー⼥性⽇記へ
にほんブログ村
13:38  |  昭和マンガ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.15 (Thu)

裸足のスーパーギャル だと思う(笑)

マーガレットで連載していた女子体操物です。
作者はひたか良さん。
すみません、タイトルうろ覚え(^^;)

体操大好きでよく見てて、マンガも体操物が好きでした。
今思い出すと凄いタイトルじゃないですか?

あまり素行のよくない未経験の子がオリンピック目指すという
まあ、よくあるっちゃある話。

そのなかで主人公が試合の点数をあげるために
床運動でタンブリング(一直線に飛んで回るシリーズ)を繰り返す
というシーンがありました。
これ凄い体力使うことなんだよね。
ヘロヘロになりながら飛び続ける。

その時出来ることを馬鹿みたいでもやりつづけるって
今はもう出来ない。
そんなことを思い出してこの作品も思い出しました。

TVで体操見るたびにタンブリングでドキドキします。

17:46  |  昭和マンガ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.12 (Mon)

Swan とアラベスク

このふたつってバレエ漫画のバイブル的な存在です。
幼稚園の頃バレエ習ってて踊るの好きだったけど
小学校に上がるときにやめちゃった。
でも見るのは今も大好きです。

バレエ漫画、いっぱいありますが
アラベスクの方が先ですね。
モルジアナもかわいかったけど
シルフィードの衣装がすっごく可愛かったのよ!

Swanはリリアナが可愛くてねー
よくトレペで写し絵してた(笑)
今やってるモスクワ編で続きの話が…
リリアナ…(;_;)

あとはダンシングゼネレーション…はバレエか?
ステージダンスかな。
ユニコーンの*人は…嫌いじゃなかったけど
*作疑惑がありますね。
連載当時から気づいてたから
今更感が半端ないですが(笑)

生バレエではツベで見たマーゴ・フォンティーンの
「瀕死の白鳥」で泣きました。
あとにも先にもこれだけです、踊り見て泣いたの。

おっと、マンガから離れてしまった


21:24  |  昭和マンガ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.11 (Sun)

フレッシュジャンプって知ってます?

たぶん短い命の雑誌だと思うけど
フレッシュジャンプというジャンプの増刊がありました。

そのなかに「北斗の拳」のプロトタイプな作品が載ってまして
舞台が日本で現代で奥義の拳法で戦ってました。

あとからえらく有名な作品になったなぁ、と。

雑誌掲載ってそゆとこ面白いですよね。
コミック未収録とか幻の作品になるから。

ガラスの仮面は雑誌とコミック、話が違う(笑)

15:37  |  昭和マンガ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

2013'08.10 (Sat)

原点はキャンディ♪キャンディ

初めて買ったコミックは
忘れもしない「キャンディ♪キャンディ②」
そう、いきなり2巻からでした(笑)

なんで2巻なのかというと
近所の本屋に1巻が売ってなかったからです。
それだけの理由で2巻を買ってしまうって
小学生ってバカですね。

当時の女の子に絶大な人気を誇ったキャンディ
脇役たちも個性的で凄かった(笑)

ちなみに名台詞「わたしがわるうございました」は
未だにわたし使います(笑)

アンソニー、アーチー、ステアの3人ハンサムさん
後からテリーだのアルバートさんだのニール?だの
男の子も各種揃って…うん、いい作品だ(笑)

腐れ目線でカップリングでもしてみようかね
02:00  |  昭和マンガ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |